泌尿器科とクリニック

包茎手術は一般的の考えでは病院でするという認識が強いと思われます。この病院も大きく二つに分けられてあるということは知っておいてまず間違いないでしょう。それは「泌尿器科」と「クリニック」の二つです。包茎手術なのだからどこで手術をしても同じと考えられますが、この二つでは明らかに違う点が出てくるのです。
まずは費用の面です。真性包茎の場合だと、保険が適用されますので費用もかなり抑えられると思われているでしょう。この保険が適用されるのは「泌尿器科」での手術であって包茎手術専門の「クリニック」となってくるとこの保険というのが使えなくなってくるのです。なので全額負担で手術を受けるのが「クリニック」ということになります。
ただ、泌尿器科で手術を受けるとなると、包帯代や薬、通院代やアフターケアというものは手術代とは別に費用がかかってきます。逆にクリニックとなると保険は適用されませんが、今挙げた全てのものが手術代として含まれています。でも結局のところは保険が適用されている分、費用を抑えられるのは泌尿器科での手術といえてきます。
あと明らかに違う点は、手術のスキルにあります。泌尿器科での手術はあくまでも包茎を治すという点だけであり、術後の見た目などにはそこまでこだわって手術はしていないように思えます。
そのあたりは専門のクリニックは包茎を治すというのは当たり前で、その後の見た目やアフターケアなどにも力を入れています。この大きな二点の違いでどちらが自分に合う病院かというのを考えてみるのもいいと思います。

[Recommend Site]
包茎手術専門の「クリニック」です。料金など参考にしてください・・・包茎手術専門クリニック